国際交流の多い念佛宗の行事

国際交流の多い念佛宗の行事

あなたは念佛宗の行事に参加した事はありますか。

4月8日は仏教の日だったそうです。

これは、お釈迦様の誕生日で、念佛宗では12万人を超える人が参詣を行ったそうです。

また、行事としては、佛教サミットと言うものが行われたそうです。

「佛教之王堂」に41カ国の仏教の指導者が集まり、誓い合いをされるサミットだそうです。

インド共和国記念日の祝賀会にも招待を受け、インド総領事夫妻やタイ王国総領事、フィリピン総領事などと挨拶を交わす事もあったそうです。

カンボジア王国のノロドム・シハモニ国王陛下が来日し、念佛宗に祀られている父王のノロドム・シアクーヌ陛下を参詣になったそうです。

この念佛宗は2008年に建てられ、歴史は浅いですがノロドム・シアクーヌ陛下を祀られているためか、国際的な行事が多く、インドやタイなど各国から参詣する方々が来日されているようです。

フィリピンなどとの交流もあるようなので、興味のある方は、一度インターネットで調べてみてはいかがでしょうか。

念佛宗による行事

仏教を通じて自分の価値観や世界観が広がるかもしれません。

ノロドム・シアヌーク国王陛下と念佛宗との関係

あなたは念佛宗について調べた事がありますか。

インターネットで調べていくと必ず出る名前があります。

それは、ノロドム・シアヌーク国王陛下という人です。

これは一体誰なのかと疑問を持つ方も少なくはないのではないでしょうか。

また、この人と仏教のお釈迦様がどのように結びつくのか疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。

調べていってわかった事は、この方は、カンボジアの国王で18歳の時に即位したそうです。

そして、ベトナムの独立と同じ時期にカンボジアの独立を宣言し、実行させた方でもあるようです。

離宮に篭もり、「完全にカンボジアが独立するまで帰らない。

」と言ったそうで、やり方に疑問を感じるところもありますが、成功しました。

その後退位しますが、政治家として就任し、政策としては仏教の保護と王政の指導を受け、社会主義的な政策を行ったようです。

この方の考え方の原点が、カンボジアの国教である仏教と言う事なのですね。

そのために念佛宗の仏教とも関わりがあるようです。

念佛宗の国際交流

この方は、2013年89歳で死去されたそうです。

  • Recent Posts